« 教えることなんて… | トップページ | かこもんやったもん »

2016.01.02

『本音で生きる』堀江貴文(SB新書)

『本音で生きる』堀江貴文(SB新書)
今年度末に退職をすると決めたボクにとって、すごく分かりやすい本。
怖いものがないから。
でも、半年前、退職するかどうか迷っていた時期だったらどうだろう。
「そうは言うもののな~」と思ったかもしれない。

「第4章 全てを最適化せよ」では、「得意な人に外注する」のように、『学び合い』の西川純氏がこれから求められている人間像として挙げている生き方が示されている。
アクティブラーニングが目ざす人間の一つの具体例だ。

帯の赤い字で書かれている言葉。
「人生の終わりに後悔したって遅い」が身にしみる。

|

« 教えることなんて… | トップページ | かこもんやったもん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/62987926

この記事へのトラックバック一覧です: 『本音で生きる』堀江貴文(SB新書):

« 教えることなんて… | トップページ | かこもんやったもん »