« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016.03.31

最後の日

7人が転退職。
送別会の後半からがスゴかった。
宴会にはよくビデオが映し出されるうちの職場だが、なんとボクが特集。
各学年から「酔っぱらいWojisan」といえば、をテーマにしたskit。(隠れて撮ってくれていたのだ)
終わり頃にはなんと、息子も嫁さんも登場。
これにはビックリした!
それぞれの仕事場にまで撮りに行ってくれたのだ。まぁ、すごいこと。
そして職場の駐車場に出入りするAP2も!
いつ撮られたんやろ。
ただし、駐車場付近では近所迷惑を考えてアクセルを踏み込まないので音が録れなかったらしく、アフレコはどこかから拾ってきた2気筒の単車の音。これには思わずツッコミを入れてしまった。性(さが)ですね~(^^ゞ。
頂いたDVDには入っていなかったけど、ボクが帰った後に尋ねてきてくれた一昨年一緒にすごした中2の彼女たちも最後の場面で出演。
いや~、感激しましたね~。
ありがたいことです。本当にお世話になりました。
097aa3955aef4706c8477a7849ce793e
娘から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.23

卒業式

卒業式はずっと19日だった。(記憶に残ってる限り)
だから、6年を担任すると20~23日と休もうと思えば休めた。
フェイスブックを見ていると、2年前、本土最南端の佐多岬にX4で行っている写真が出ていた。

今年から、終業式前日の23日になった。
それは、14年度の学力テストで国語Aが47位になったから。多分。
そして今年から、3学期の始まりが2日早くなった。

23日卒業式ということは、6年担任にとって卒業式後の楽しみがなくなったということ。(もちろん、みんながみんな、ボクみたいに、休みを取るわけじゃないけど)
だから今のボクに解放感がないのか。
あれだけ楽しみにしていたのに。明日も終業式だから行かんとあかんし…。みたいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.06

ご挨拶

勤務先の隣接の大学でおこなわれる情報モラルのワークショップの講師として千葉大のFさんが来る。
彼がまだ東大生の頃からのお付き合い。今では副学部長。
ニフティサーブ時代には総合的な学習の時間を巡って論争も。(ボクは論争とは思ってなかったけど、勝手に論争と言う人がいた)
昨年度は研究会で使う資料が論証不足かどうかを尋ね、自信を持って研究会に臨めた。

9時前家出。9時半過ぎに会うことができた。が、Fさんはラインの会社の人と同行してきたため、そんなにゆっくり話すことができず、本当に挨拶だけ。
長い間お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.05

講師!

ある酷語の会の副代表でもあり、指導主事でもあるSさんから1時間の持ち時間で講話をという依頼があったのが2月10日。
かなり悩んだけど引き受けた。
話せることは一つ。
「自身の学び」。つまり、昔話である。
Sさんに、昔話でも良いかと尋ねると、「温故知新」という言葉があります…という返事が返ってきた。

ならば、居酒屋の26、27時に若手を相手に喋っている中身でいこうと決めた。
しかし、1時間はもたないので、後半に「うとてとこ」の模擬授業を入れることにした。
ネタを考えていくうちに、大森修氏の「やまなし」のビデオDVDがあることを思い出し、再編集して10分近くに。(実際は3分ほどしか流さなかったのだけど)
これで、喋る時間が減った(笑)。

年寄りの昔話はたいてい自慢話に決まっています。大造じいさんの「それからそれと、愉快なかりの話」も多分、自慢話じゃないのかなと勝手に思っています。私の自慢話におつきあい下さい。と、これはつかみ。

「つかみ」→「学ぶ機会がある現在と少なかった昔」→「サークルでの学び」→「ミーハー的な学び①」(教育技術の法則化運動)→「ミーハー的な学び②」(授業づくりネットワーク運動)→「静かな学び」(テープ起こし)→「ミーハー的な学び③」(『学び合い』)→「うとてとこ」の模擬授業の順番。

二つアクシデントがあった。
一つは前日(金曜日)にSさんに送った「配付資料」をSさんが仕事場に忘れてきてしまったこと。
ま、これはボクも1時間ほど前に会場入りしたので、自分のパソコンから取り出し、印刷してもらうことができた。
二つ目は、「うとてとこ」の詩が、前半の教材研究の資料として印刷されていたこと。
野口芳宏氏の展開法(?)で「うとてとこ」をやるつもりだったので、全文が示されていると都合が悪い。
でも、このようなことは今までいっぱいいろんな講座で見てきたことだ。
自分が上手に対応すればいい。現場のように相手があることではないのでなんて問題はない。

午前中けっこう練習して、15時20分からの本番に臨んだが、言い落としたことが二つ三つ。
もっと強調すれば良かったと思えることが一つ。

それなりの教訓も得た。(でも、2回目は受けないけど)

満足。
公的な場での自慢話の機会を与えて下さったS指導主事に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »