« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017.03.27

『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き アクティブな授業づくり改革編』

『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き アクティブな授業づくり改革編』西川純(明治図書)

教師が当たり前に目指すべきことだと思っている授業の目的や方法、学習規律等に対する強烈なアッパーカット。思い込みに過ぎないのだということが分かる。

「痛っ」と思ったところは、p22「全員の前で発表できる力を育てられるのか?」、p68「最初に自分で考えさせる」。
「痛快」と思ったところは、p84「教科の本質を教えていない」、p92「教師は一人一人を理解すべきか」、p134「思いつき」。

もっと早く、ここまで知りたかった。知る機会はあっただろうけど、自分ができていなかっただけ。
う~ん、退職老人にとっては、It's too lateや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.26

『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き』ルーツ&考え方編

『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き』西川純(明治図書)
今まで著者の本を読んで断片的に知っていたことが一本の線につながった。まさに「ルーツから学ぶ」だ。

p135
「甘い自己評価はすぐになくなります。それはクラスメートの目があるからです。甘い自己評価を書けば、「そんなのおかしいじゃない」という言葉がクラスメートから来ます。」

この文からでもボクがしていた『学び合い』は、『学び合いもどき』だったのだと分かる。
(全ての)評価はボクがしていたもんな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »