« 研究会 | トップページ | 『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き アクティブな授業づくり改革編』 »

2017.03.26

『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き』ルーツ&考え方編

『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き』西川純(明治図書)
今まで著者の本を読んで断片的に知っていたことが一本の線につながった。まさに「ルーツから学ぶ」だ。

p135
「甘い自己評価はすぐになくなります。それはクラスメートの目があるからです。甘い自己評価を書けば、「そんなのおかしいじゃない」という言葉がクラスメートから来ます。」

この文からでもボクがしていた『学び合い』は、『学び合いもどき』だったのだと分かる。
(全ての)評価はボクがしていたもんな~。

|

« 研究会 | トップページ | 『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き アクティブな授業づくり改革編』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/65068971

この記事へのトラックバック一覧です: 『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き』ルーツ&考え方編:

« 研究会 | トップページ | 『資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き アクティブな授業づくり改革編』 »