« 息子の研究授業 | トップページ | 『ニュースの嘘を見抜け』 »

2017.07.07

『大空の決戦』坂井三郎(光人社)

『大空の決戦』坂井三郎(光人社)
回想記。短い文が多く臨場感、緊迫感を感じることができる。
「蜘蛛の子を散らす」「蹌々踉々として飛びつづけたのである」「衆寡敵せず」「この場合の空気に超然たり得ない」「模糊と霞んでいる」等々噛み応えのある言葉が並ぶ。

|

« 息子の研究授業 | トップページ | 『ニュースの嘘を見抜け』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/65503580

この記事へのトラックバック一覧です: 『大空の決戦』坂井三郎(光人社):

« 息子の研究授業 | トップページ | 『ニュースの嘘を見抜け』 »