« 2017年7月 | トップページ

2017.08.19

『正しいパンツのたたみ方』

多分「ラジオ深夜便」で耳にして注文した『正しいパンツのたたみ方』南野忠晴(岩波ジュニア文庫)を読む。「自立」が隠れテーマ。
第2章の「家族」のところ。これは小学校でも授業化できる。「家族」について新たな視点で考えさせることができる。やってみたいな。
て、定年2年目が、何を今さら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.08

『道徳の時間』

市民図書館本『道徳の時間』呉勝浩(講談社)
午後からの一気読みやったけど、引き込まれていくような感じはなかった。でもま、最後までどうなるんやろと思わされたことは確か。主人公の息子友希がらみの事件がスッと頭に入ってこなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.05

はらたつ

この土日は全国大会的レベルの研修会が多い。かつては旅行も兼ねてあちこち出かけたけど、もはやそういうわけにも行かず、参加している市の国語の会に行った。(午前中)。
授業があった。
いつも思うことだけど、なんで手の挙げている子中心に授業を進めるんだろう。手の挙げいていない子に手を挙げさようということに留意しないんだろう。
手の挙げていない子のために~すれば、というようなことを言うと、よく技術主義と言われた。
でも、四分の一ぐらいの手の挙がる子だけを相手に授業をしていてはあかんやろ。
ということを、もう一回ぐらいどこかの研究会で言ってから完全に足を洗おう。
『学び合い』を少しかじった後では、挙手氏名の従来型の授業は見ていられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.04

『その鏡は嘘をつく』

市民図書館本『その鏡は嘘をつく』薬丸岳(講談社)。
一気読みはできず三日かかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.02

『見落とされた癌』

『見落とされた癌』竹原慎二(双葉社)
闘病記。今まで読んだ癌本の多くは「近藤誠」本だったが、それとは真逆のスタンスの本。
さて、自身の中に癌ができたらどうするやろ。なんにせよ、痛いのはイヤだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ