« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »

2017.10.31

オファー

市脅威からリリーフのオファーがあった。
そらまぁ、下手な若手より技&引き出しは多いし使いこなせる自信がある。いまだに。
二週間あれば、点数が上がったとcodomo&保護者に言わせる自信がある。
おまけに半年やし。
でもね、エラそうな態度になって出るのが分かってるし…。そんな自分がイヤやし。
それにセンスもついていかんやろう。

ピンチな学校に一肌脱ぐというのが筋(恩返し?)かもしれないけど…。
お声をかけて下さるだけでありがたいです。と言ってお断りした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.20

『ガラスの巨塔』

市民図書館本『ガラスの巨塔』今井彰(幻冬舎)
官僚組織は仕事の出来映えよりも組織を守る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.17

『ヘッドライン』

朝から市民図書館本。『ヘッドライン』今野敏(集英社)
スッと作品の世界に入り込めた。これが大事。“スーパーマン”が活躍する。で、一気読み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.16

『闇に香る嘘』

午後も市民図書館本『闇に香る嘘』下村敦史(講談社)。
中途失明者が感じる不安さがリアルに書かれている。
ドンデン返しもある。一気読み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.13

『ロスト』

『ロスト』呉 勝浩(講談社)
朝から数日前から読み始めた市民図書館本『ロスト』。
面白かったけど、登場人物の刑事たちが「どこかひっかかる」と何度か言ってたように、読後感も「どこかひっかかる」ものがある。犯人、動機、手法が完全にスッキリではない。2度読めばスッキリするのかな。また登場人物が多く、視点も多くの登場人物から書き出されているので、節の始め、これは誰の視点?と思うことが度々あった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »