« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017.12.22

『あの時、バスは止まっていた高知「白バイ衝突死」の闇』

『あの時、バスは止まっていた高知「白バイ衝突死」の闇』山下洋平(ソフトバンククリエイティブ)
ルポタージュ本。一気読み。
・三審制とは言っても、同じことを三回やるということではない。新たな証拠が出ても必ずしもそれを取り入れなくても良い。下級審の判決に従う方が楽。
・裁判官の多くは自ら運転しない人が多いため、この件のように道路にブレーキ痕がつくほどブレーキを踏むと乗客がどうなるか想像できない。(捏造された)ブレーキ痕があるから、バスは動いていた、と単純に考える。クルマの常識知らず。
・記者クラブの弊害。
などなど。
今のように、裁判員制度やドラレコがあれば…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.19

『マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!』

頭痛の目覚め。珍しいな。
二日酔いだったら午後には治るが、そうでもないので昨日借りた市民図書館本『マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!』を読了。
タイトルの「ゆっくり走れば」の言葉に引かれて借りたのだけど、レベルが違いすぎてあまり参考にならなかった。
この本のゆっくり走る「疲労抜きジョグ」は、1キロ7分から7分30秒なんだそうな。9分プラスのボクにはとんでもない速さや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.13

『暮らしのなかのニセ科学』

『暮らしのなかのニセ科学』左巻健男(平凡社)
へぇ~と思うことが多かった。
なかでも、水道水とミネラルウォーターの比較の項。
後者の方が水質基準値が低いということ。安全性のチェックは水道水の方が圧倒的に厳しいということに驚いた。
娘たちは東京の水道水はマズいとか言ってミネラルウォーターを買っているけど、ミネラルウォーターは清涼飲料水に区分されるのだそうだ。だから安全性は、企業の衛生管理に委ねられているのだそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.02

『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』

『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郞(飛鳥新社)
ネット環境があるからマスコミの報道が偏っていると知ることができるけど、そうでなければ何となく胡散臭さを感じるだけに終わる。これから報道番組はますます見られなくなるかも。
今、賑わっている相撲の問題も正確なことが分かってないのに、よくもまあ推測だけで毎日ダラダラと…。ま、こちらはワイドショーだけど。見てないから、ボクも番組のことについて推測しているのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »