2019.03.10

『まんがで知る未来への学び』

今日は予報通り9時過ぎから雨。
午前、読書。『まんがで知る未来への学び』。
フムフム。いよいよボクの想像がつかない世界へ向かっていくのやな。
ボクが夢中になった「法則化運動」は、一時間の授業技術。
定年10年ほど前、ボクに入ってきたのは『学び合い』。これは一時間ではなく卒業してからもを視野に入れた考え方。
去年公示された指導要領に「社会」がはっきりうたわれている。(『学び合い』も「社会」とそれに関わる一員という視点はあった)
つまり、射程距離が長くなるだけではなく幅も僕らの若い時代と変わってきているということかな。(いや、以前からあったのかもしれない。「生きる力」 云々とか。…。気づいてなかっただけかも知れない)

『学び合い』といえば西川純氏の「一人も見捨てない」という言葉は、教師は使っても(思っていても)いいけど、codomoが使うのはな~という抵抗感があって結局codomoたちにはおろせなかった。
しかし西川氏は言う
※※※※※
 「一人も見捨てない」は言葉がきついと言われる方がいます。おそらく、その方の「一人も見捨てない」は言葉がきついのでしょう。
 「一人も見捨てない」は人を見下げた言葉だと言われる方がいます。おそらくその方の「一人も見捨てない」は人を見下げた言葉なのでしょう。
 しかし、上記の姿を知っている私にとっては「一人も見捨てない」という言葉は温かい言葉です。学校を卒業した後の長い人生で、奈落に落ちていく子どもを救う魔法の言葉です。
 どんな言葉も、方法論も、それを用いる人の心の鏡なのです。だから批判する人の言説を読むと、その人が当然としているものが見えます。」
※※※※※
ボクは1時間、1時間の授業で精一杯やったんや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.06

『金哲彦のはじめてのランニング』

『金哲彦のはじめてのランニング』金哲彦(AsahiSinsyo)
ランニング以外の周辺部(ウェアや装備品等)のあれこれも書かれているので読みやすかった。ランニングへの垣根を低くしてくれる本。自分で買って手元に置いておくのもありやな、と思った本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.05

『よろずのことに気をつけよ』

『よろずのことに気をつけよ』川瀬七緒(講談社)
市民図書館本。
「呪術」というのは読んでいて具体的にイメージしにくいけど、文のテンポが良く読み浸れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.22

『あの時、バスは止まっていた高知「白バイ衝突死」の闇』

『あの時、バスは止まっていた高知「白バイ衝突死」の闇』山下洋平(ソフトバンククリエイティブ)
ルポタージュ本。一気読み。
・三審制とは言っても、同じことを三回やるということではない。新たな証拠が出ても必ずしもそれを取り入れなくても良い。下級審の判決に従う方が楽。
・裁判官の多くは自ら運転しない人が多いため、この件のように道路にブレーキ痕がつくほどブレーキを踏むと乗客がどうなるか想像できない。(捏造された)ブレーキ痕があるから、バスは動いていた、と単純に考える。クルマの常識知らず。
・記者クラブの弊害。
などなど。
今のように、裁判員制度やドラレコがあれば…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.19

『マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!』

頭痛の目覚め。珍しいな。
二日酔いだったら午後には治るが、そうでもないので昨日借りた市民図書館本『マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!』を読了。
タイトルの「ゆっくり走れば」の言葉に引かれて借りたのだけど、レベルが違いすぎてあまり参考にならなかった。
この本のゆっくり走る「疲労抜きジョグ」は、1キロ7分から7分30秒なんだそうな。9分プラスのボクにはとんでもない速さや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.13

『暮らしのなかのニセ科学』

『暮らしのなかのニセ科学』左巻健男(平凡社)
へぇ~と思うことが多かった。
なかでも、水道水とミネラルウォーターの比較の項。
後者の方が水質基準値が低いということ。安全性のチェックは水道水の方が圧倒的に厳しいということに驚いた。
娘たちは東京の水道水はマズいとか言ってミネラルウォーターを買っているけど、ミネラルウォーターは清涼飲料水に区分されるのだそうだ。だから安全性は、企業の衛生管理に委ねられているのだそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.02

『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』

『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郞(飛鳥新社)
ネット環境があるからマスコミの報道が偏っていると知ることができるけど、そうでなければ何となく胡散臭さを感じるだけに終わる。これから報道番組はますます見られなくなるかも。
今、賑わっている相撲の問題も正確なことが分かってないのに、よくもまあ推測だけで毎日ダラダラと…。ま、こちらはワイドショーだけど。見てないから、ボクも番組のことについて推測しているのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.20

『ガラスの巨塔』

市民図書館本『ガラスの巨塔』今井彰(幻冬舎)
官僚組織は仕事の出来映えよりも組織を守る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.17

『ヘッドライン』

朝から市民図書館本。『ヘッドライン』今野敏(集英社)
スッと作品の世界に入り込めた。これが大事。“スーパーマン”が活躍する。で、一気読み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.16

『闇に香る嘘』

午後も市民図書館本『闇に香る嘘』下村敦史(講談社)。
中途失明者が感じる不安さがリアルに書かれている。
ドンデン返しもある。一気読み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧